世間ではよく、このように言われています、。「30過ぎたから、転職しようとしても年齢で落とされてしまう。」確かに、そうかもしれません。特に35歳を過ぎてからの転職が非常に厳しいと言われています。しかし、最近のデータによると、事実は少し違っているようです。

 

 各社転職エージェントの調査によると、35歳以上の転職成功率が大きく伸びているそうです。逆に、若い20代の転職成功率は下がっているとのことです。転職エージェントのデータによると、ここ5年で35歳以上の転職成功率が2倍になっているとのことです。それは、なぜでしょうか?

 

 まず1つ目に、即戦力が挙げられます。現在の日本は、市場の成熟や海外企業との熾烈な競争に晒されています。会社の寿命もかつては30年と言われていましたが、今は5年になっているというデータもあります。それほど過酷な環境では、若手を育てるという悠長な時間はありません。そんなことをしている間にライバル企業に差をつけられて淘汰されてしまいます。そこだ、すぐにでも売上を上げることができる高い専門スキルを持った即戦力となりうるミドル層が注目されているのです。

 

 2つ目には、リーダーシップが挙げられます。厳しい競争に勝ち残るため、企業は組織を市場に合わせて変革させていく必要があります。そこに求められるのが、強いリーダーシップを発揮できる人です。リーダーシップは一朝一夕で身に付けられるものではありません。ビジネスの立ち上げに携わった経験や管理をしてきた経験がなければ、強いリーダーシップは発揮できません。そのため、特に40代、50代のリーダーシップを発揮できる人間が企業に求められています。

 

 35歳を過ぎたと言っても、高い専門スキルやリーダーシップの能力がある人間には、逆に転職のチャンスが拡がっています。専門的スキルやリーダーシップが身に付けられる仕事を積極的にして、キャリアプランを立てるのが良いかもしれませんね。



このページの先頭へ戻る