採用担当者が採用のために重視するべき項目として、コミュニケーションの能力などの人間性が重視されるが、転職活動では会社への貢献の度合いが重要視されます。会社は人で成り立っているが、多くの人と関わりを持って仕事をしていくので、人や物を分析していく能力が求められます。また、業務においては、様々な状況に際して的確な判断をもって仕事をやり遂げる能力が求められます。最近では、一般教養の乏しい人が増えていて、常識のない人が多いが、社会としての常識の度合いも採用担当者が推し量っています。

 

 重要な事は、特別な資格などを持っていることではなくて、物事を徹底的に分析を行えて、徹底的な分析の下で、正しい常識を持ちながら判断する事が業務を円滑に進められるので、徹底的な分析と確実な常識を持っている人が採用の候補となります。

 

 採用に必須となる分析の力と常識の力を身につけるためには、時間があった時に教養を身につける努力をする事です。例えば、暇を見て良識のある本を読むことが教養を身につけるうえで重要です。本を読むときには、書かれている内容を取り込むばかりではなくて、吟味して自分のこれからの社会のためにものにできる人が仕事ができる社員として歓迎されます。

 

 転職活動における採用選考では、採用担当者によって好きな本を尋ねてくる場合もあります。好きな本を答える際に、ただ単に本の名前を挙げる事ばかりではなくて、本に書かれている内容と自分の経験をリンクできる答え方ができる人が仕事に生かせる人です。



このページの先頭へ戻る