自分の武器と転職

 

 自分の武器を売り込むことができれば、転職は必ず成功します。自分の武器についてきちんと理解している方はそれだけ魅力的ですし、きっとこれからの職場でも活躍するだろうと期待できるのです。しかし、中にはスペシャリストとしての資格を持たない方もいるでしょう。

 

資格ではない魅力を見せつけよう

 

 では、スペシャリストではない転職者の転職は、どうしたらよいのでしょうか。具体的には、目立つ資格を持っていない、目立つ経歴を持っていないといった方の転職となります。そのような方は、履歴書では現れない魅力を伝えてみてはいかがでしょうか。

 

 例えば、コミュニケーション能力は仕事を円滑に進める上では欠かせませんが、履歴書の資格では表すことができません。そういった魅力を伝えることで、採用してみようかな、という気分にさせてみましょう。

 

スペシャリストでなくても諦めないこと

 

 とにかく、転職では諦めないことが肝心なのです。周りと比較をしているうちに自信をなくしてしまうかもしれませんが、他人は他人として割り切ることも転職では必要なことなのです。自分なりの武器、履歴書には表せなくても武器になる能力を見つけることで、転職に挑んでみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ戻る